見ていますか?食品表示

見逃さないで!
食品についている小さなラベルや、お店のポップには価格だけでなく、たくさんの情報がつまっています。


                              ※加工品には品質保持期限も記載されています。

◎次のものはJAS法(農林物資の規格化及び品質表示の適正化に関する法律)により表示を義務づけられています。

   野菜・果物などの農産物
【名称】
「たまねぎ」や「さといも」などの一般的な名称

【原産地】
(1)国産品・・・都道府県名を記載(信州や紀州などの表示もOK)
(2)輸入品・・・原産国を記載

※たけのこやふきの水煮、わらび、ぜんまいなど湯通ししたもの、カレーやサラダミックス
などのパック詰めしたものは加工品となります。

   牛肉・豚肉などの畜産物
【名称】
「牛もも肉」や「豚バラ」などの一般的な名称

【原産地】
(1)国産品・・・「国産」であることを記載(都道府県名でもOK)
(2)輸入品・・・原産国を記載

【個体識別番号】
国内産牛・輸入牛すべての牛に10桁の番号が表示

*牛の出生から消費者に供給されるまでの間の追跡・遡及、すなわち生産流通履歴情報の把握(牛肉のトレーサビリティ)
が可能になります。
(独)家畜改良センターのHPにアクセスし、個体識別番号を入力することでその牛の情報を見ることができます。
http://www.nlbc.go.jp/

※次のものは加工品となります。
合い挽き肉(牛と豚等の肉を混合した場合)
焼き肉(調味液につけた肉類)
ハンバーグ(ひき肉を成形)
豚カツ等(パン粉をつけた場合)
たたき、ローストビーフ、ハム、ソーセージ

   魚・貝類などの水産物
【名称】
「マアジ」「フクラギ」など一般的な名称

【原産地】
(1)国産品・・・漁獲した水域名(養殖したものは養殖場が属する都道府県名)
(2)輸入品・・・漁ろう活動が行われた国
         漁獲を行った船が属する国

【解凍】
冷凍のものを解凍して販売する場合

【養殖】
養殖したものを販売する場合

※次のものは加工品となります。
・刺身盛り合わせ(2種類以上の魚種)
・パック詰めされたもの(鍋物セット等)
・塩蔵品(わかめ、塩さば、いくら等)
・加熱処理されたもの(あさりむきみ、茹でエビ、茹でタコ、うなぎ蒲焼き等)
・干物

   加工品








【名称】
「こい口しょうゆ」などその内容を表す一般的な名称

【原材料名】
使用量の多い順に記載

【内容量】
重量、体積又は数量と単位を明記して記載

【賞味期限(品質保持期限)】
【保存方法】
冷暗所など保存方法を記載

【製造業者等の氏名または名称及び住所】

【識別表示】容器・包装の種類

※生鮮食品に近い加工食品も、主な原材料の産地表示が義務付けられました。
(主な原材料とは、原材料に占める重量割合が50%以上のものをいいます)

●農産物加工品
乾 燥 塩 蔵 ゆで・蒸し 異種混合 緑 茶 も ち いり豆 こんにゃく
乾燥きのこ類
乾燥野菜・果実
塩蔵きのこ
塩蔵野菜・果実
ゆで・蒸した
きのこ類
野菜・豆類・あん
カット野菜・
果実

●水産加工品
乾 燥 塩 蔵 調 味 ゆで・蒸した 表面あぶり 衣つけ
素干魚介類、
塩干魚介類,
煮干魚介類、
干海藻類
塩蔵魚介類
塩蔵海藻類
調理した魚介類・
海藻類
ゆで・蒸した
魚介類・海草類
表面をあぶった
魚介類
フライ類として衣を
付けた魚介類

●畜産加工品
調 味 ゆで・蒸した 表面あぶり 衣つけ 異種混合
調理した食肉 ゆで・蒸した
食肉・食用鳥卵
表面をあぶった
食肉
フライ類として衣を
付けた食肉
合挽肉・その他
混合した食肉
●その他
異種混合
左記以外の生鮮食料を
混合したもの

※アレルギー物資を含む食品の原材料表示も義務付けられました。
必ず表示される5品目・・・・・・・・・・卵・乳・小麦・そば・落花生
表示が勧められている19品目・・・あわび・いか・いくら・えび・オレンジ・かに・キウイフルーツ・牛肉・くるみ・さけ・さば・大豆・鶏肉・
まつたけ・もも・やまいも・りんご・ゼラチン
これらが食品の原材料中に含まれる場合、(原材料の一部に○○由来原材料が含まれます)という旨の表示が行われます。



このページの先頭に移動します 前ページに戻ります